楽しく縁取り歩き

30歳半ばの独身女性。契約社員。資格試験に人生を翻弄されて、職歴多数。起死回生をはかって再度資格試験を目指すべく、ホステスでお金を貯めて専門学校に通い、転職した先の既婚者と交際中。人生転落間際でなんとか挽回すべくもがいてるわたしの日記です。

性懲りも無く、ぬか床を手に入れる。

最近手抜きお弁当に変えた。

前までは作り置きを何種類が作って、高価な漆の曲げわっぱのお弁当箱に詰め合わせるお弁当にしてたんだけど、それさえ作る時間が取れなくなってしまい。。。

今やタッパーに冷やご飯(白米+もち麦)に、卵焼き、スープ用保温瓶に入れた具沢山汁物という非常にシンプルなお弁当に変化してる。

お金もないからね、仕方がないのだけど、個人的には今のところ気に入ってる。

ラクだし、身体には良いし。

 

温野菜をタッパーに詰めてた時もあるけど、味付けがどうしても単調になってしまって、結構すぐ飽きちゃった。

その点汁物にしちゃえば、お味噌、白だし、キムチ鍋風、豆乳、とかバラエティ豊富。

汁ごと栄養とれちゃうしね。

 

ただ、火に弱いビタミン系がとれないなぁと。

サプリ大好き人間だけど、せっかくならちゃんと食事から摂りたいなと思った時に、思い出したのがぬか漬け。

前回作ったやつも結局食べきれないまま破棄しちゃったのよね。。。

でも忘れられないのが、あの人参のぬか漬け。

もう一回食べたいけど、前みたいに1週間近く手間をかけて発酵させるまで育てられないなぁなんて思ってたらとてもステキな商品を見つけた。

(アフィではない。)

 

わたし実は、まともにぬか漬けを食べたことがないまま、自作のぬか漬けを作ったから、どんなのが美味しいぬか漬けで、どういう状態が正しいぬか床なのか分かってなかったんだけど。

流石に発酵してきたなとか、そういうのは匂いでわかるんだけどね。

でもなにが正解かは分からず。。。

 

今回買ったぬかの花は、ぬかパウダーに水を入れて使うタイプじゃなくて、すでにぬか床になってるから、届いたその日から野菜をつけられる。完成版のぬか床で届く。

届いてすぐ用意してたタッパー(前は琺瑯の容器にしてたけど、重たくて難儀だったから今回はタッパーで気軽にやろうかと。)に移した時点で、「おぉ、わたしの作ってきたぬか床はいいラインだったんだな」と自信を持てた。

もう廃棄されちゃってるけど。。。

しかし流石に、ぬかの花はいい香り。爽やかってこういうことねー、って分かる感じ。

桂皮が入ってるから?って口コミ見て、なるほどと思ってみた。

 

早速人参をつけてみたけど、わたしのぬか床の方が塩分が強くてエグ味があったなぁっていう感じ。

ぬかの花は塩分も強いけど、旨味成分的ななにかを感じられるから、けっこうまろやか。

エグ味も全然感じない。

このあと人参ばっかりつけたらエグ味出ちゃうのかもしれないから、いろんな野菜つけるように頑張ろ。

 

しかし、美味しい!

白米にお味噌汁にぬか漬けに卵焼き!最高のお弁当で幸せ。

コンビニご飯より全然満足できるけど、とても経済的。

配偶者や子供達とか誰かのために作るには怒られちゃう内容だけど笑

わたし気に入っていれば同じもの食べるの苦じゃないから余計にね。

 

先日ぬかの花(1キロ)だけを購入してみたけど、少し漬ける野菜に対してぬかが足りないから、↑の下側を追加注文してみた。

そのまま食べても良い無農薬のぬか床みたいだから、お味噌汁に入れちゃったりもしてる。けっこう美味しい。というのもあって、重くならない程度にぬか床を増やしていきたい。

野菜の出し入れだけでもけっこうなかって減るのよね。

これからは毎日同じ食事になりそうだから、このぬか床は出来るだけ長持ちさせたいなぁって思ってる。

 

しばらく野菜をつけて、色々カスタマイズする機会が出てきたら、冷凍されてる山椒の実や、熟成された3年ものの酒粕を混ぜ込んでみたいな、と少しワクワクしてる。

 

最近勉強ばかりでワクワクが足りないので、なかなか良い感覚。

勉強がうまくいかなかった時も、美味しいご飯があるだけで、そんなに落ち込まなくてよくなるし。

 

変にコンビニで買い込んじゃって高くついたり、外食して食べ過ぎちゃうより、なにかと罪悪感もないしね。

 

またしばらくぬか床にお世話になります。

ウツでもないし、グチでもないけど、独白と言うのかな?明るい話ではないかな。

吐き気がする。

 

ホステス時代、私を目当てに通ってくれたお姉さんのお客さんが居る。

少しめんどくさいけど、武士は食わねど高楊枝的な、やせ我慢をしてくれる、いい人で。

一度もカラダを触られたこともないし、キスとか何かを強要されたこともないし、同伴や来店の約束も必ず守る良いお客さん。

私も、お店からのお給金だけでそれ以上をホステスに期待してなかったから、お店でも個人的にも大きなおねだりはしてない。

誕生日になると大体10万円くらいで何かしてくれる。これが域値だとお互い理解してる感じ。

これ以上だと多分彼の懐事情では何かを私に期待するし、これ以下だと多分私が軽んじられてると感じてしまう。

良いラインが出来上がってる。

 

ただただ、タイミングでうまく行ってる関係だと思ってるけど、ホステスをやめて早数年、未だに定期的に食事に行っている付き合い。

 

ただの紳士というわけでもなく、私が彼の「人として気に入ったゾーン」に入ってるわけでもないのよね。

私と会う前に彼は好きになった人がいたらしくて、しばらく付き合ったのかな?そして結構きつい振られ方をしたみたい。

おそらく、色々貢いでたんだと思う。

失恋ってつらいよね。ほんと。

それで、私に何かを求めて断られる恐怖から、求めない分傷つかない距離を保って今がある感じ。

ある種、惰性だと私は思ってる。

 

彼がよく連れて行ってくれるバーがあるんだけど。

そこはお食事もしっかりしていて、美味しい。

最初の頃はすごく気に入っていたけど、なんだか最近、食事が身体に合わない。

前菜から通して、なんか、どれも同じ匂いがするように感じられて。

とうとう昨日、家にたどり着く前に吐き気がピークをなってガマンしきれなかった。

そのあとからずっと、吐き気に悩まされてる。

 

テキーラを飲みすぎた翌日にずっとテキーラの匂いがまとわりついてくるような、そんな感じの、共通する匂いがその食事にはあるんだよね。

他の人は喜んで食べてるから、私だけが気持ち悪いと思ってるだけなんだろうけど。

特に濃い味のものに感じる。濃い目のソースが使われてるサラダ、魚料理も、一番濃く感じるのは肉料理。

流石に出されたものを手付かずで帰ることもできないから、サラダはちゃんと一皿、お肉料理はふたくちで終わらせたのに、吐き気は帰宅までガマンできなかったからね。

ほんとに疑問。

 

もう一つ思うのは。私は今その人との食事が苦痛になってきてる。

その人自体というより、その空間というか。

食事は美味しいところに連れて行ってくれる。そのあとは大体私がいたクラブに行って、そのままアフター的な3件目。帰れるのは大体2:30とかそんな。

私がその人といて苦痛なのは、長っちりで、帰りの時間を守らないこと。

今日は12時には帰りましょう、と言われていても、酔っ払ってくると気が大きくなって、お姉さん達連れてアフター。本人だって帰りたい気持ちはあるはずなのに、乗せられて楽しくなってくると、2:30。

私と二人でいると、もっと一緒にいたいと思うの結局2:30。

結局今勉強ばかりで引きこもってる私は体力取られて翌日がほぼ潰れる。

クラブに行くのも、結局二人で楽しむ何かがあるわけではないから、食事の後の時間を潰すためにいく。古巣のクラブは知った女性ばかりだから居心地の悪さは感じない、のだけど、、、。

なんだか時間が止まってしまってるかのような、箱庭的な閉塞感と、身のない会話の意味が分からなくなってしまってきている。

働いてたし、お仕事なのも理解してるけど、なんだか全てがバカらしく感じてしまって。

でも一人白けてるのも良くないので、ちゃんと話はするし盛り上がったりもする。

そして帰宅して、服を脱ぎながら本気で「この人にこれだけ時間を「今」かける価値があるのだろうか。」と考えながら眠る。

 

これは、今付き合ってる彼に対しても少しずつ感じ始めてる。

身体の関係ありきで会うときは、楽しいしそれで時間が潰れるし気がラクだと思ってる自分がいる。

面と向かって飲んでみると、最初は話題が見つからない。

この間も久し振りに食事とカラオケ行ったけど、なんだか差し障りのない感じ。いつでも「久しぶりに会ったいとこ」みたいな感じで、最初に探り探り話してる。きっかけがあるといつも通りなんだけど。

二軒目のカラオケ行くにも、私の意見を尊重するというか、自分がやりたいことなくて私に任せてる感じ。

決して楽しい人ではない。本人も自覚していて「俺はつまらない人間だから」って結構前に喧嘩した時に言ってた。

たしかに、楽しい人ではない。

仕事上では本人も頑張ってるし、そつなくやってるけど、申し訳ないが「魅力的な人」ではない。安定感が彼の一番のセールスポイント。

ムリして会わなくたって、多分彼の中で私のポジションは変わらない。

逆を言えば、いくら会っておもてなししても、彼の中での私のポジションは変わらないんだろうな。

 

お客さんにしても、彼にしても、そこにいるのが私じゃなくても、まったく問題がないのだろう。

「つまらない人間である」と認識している人が一緒にいて、無理しなくてもいい相手がたまたま私だっただけなのだろう。

 

落ち込んでるアタマの隅で、「そういうことではない」と理解はしているけど、今日の思考はダークサイド。

 

吐き気は、自己嫌悪の結果なのかもしれないなって、少し感じ始めてる。

会話の勢いで一緒に住もうとか言ってみた

華麗にスルーされた笑

ま、LINEでのやりとりだしね。

 

去年から彼の職場環境が変わって、平日の出張が減った代わりに土日の出張が増えた。

元々いろんなところに出張してたんだけど、行く場所が固定化されて、回数増えた感じかな。

前から土日の出張の時にも良く泊まりに来てたんだけど、最近私が勉強で忙しくなって来てあんまり会えないのと、おもてなしの成果で、よく泊まりに来たがってくれる。

「ここは快適!楽チン!」って口に出してる喜んでるから、結構気に入ってくれてるんだと思う。

ま、何もやらせないしね。

ベッドの上に使用済みのバスタオル置いた時は怒ったけど笑

私もホテル泊まった時に同じことやっちゃってたから、クセが出ちゃっただけなんだろうけどね。

でもやだよね、そりゃあなたはもうここに寝ないかもしれないけど、私は毎日そこで寝てるんだけど?ってなった笑

 

で、先日逆に私が呼び出された。

場所や彼と私の都合を考えれば、それが最適解なんだけどね。

もちろん彼の家じゃなくて、ビジネスホテル。

私もいままで自分の仕事と遊びの都合で、たまにビジネスホテル泊まるし、その時に彼を誘ってホテル代出してもらってるんだけど、呼び出されるのは初めて。

勉強計画が台無しですよ。といいながら、分かっていながら付き合った私も悪いんだけどね。

自己愛があまり高くなかった私は、やはり求められると純粋に嬉しくなって応えたくなってしまう。

 

でも、ほんと同棲とかするとなるとどうなるんだろうなぁ?

まぁ、そのためには離婚ありきなんだけど。

離婚できたところで子供もいるし、(彼の言葉を割り引いて受け取ったとしても)多分親権は彼が取ることになりそう。

奥さんがダメな人っていうか、流石に環境的に親権とるの難しいんじゃないかなという。

彼女が親権とったとしても、彼が金銭的にだけでなく日常的にもサポートは入ることになるだろうし。

子供から親を取りたいとも思わないし。

となると、、、私の存在、、、笑

 

なんか呼び出されたりすると、私が都合の良い存在になってるのかなとか、ふと考えちゃうんだけど。。

でもまぁご飯のたびにご馳走してくれて、会うときは家の遠い私のところまできてくれて、何かにつけてホテル代払ってもらってる私の方が都合よく彼を使わせてもらってることになっちゃうよね。

 

何かに対する代償として何かを提供してる、って考え方にすると、なんだか恋愛も冷たく感じてしまうね。

それがお互いを思いやって、お互いの出来る範囲で慈しみあう行動であっても「結果だけ」を切り取ってみると、天秤を水平にしようとする行為に見えちゃう。

そこに思いやりとか、愛情とか、そういうのが乗って恋愛になるって感じかなあ。

あと天秤の動きも友達とか仕事の付き合いより頻繁に動くんだろうな。

 

やっぱり将来の話をはぐらかされるのは、気持ちが落ちてしまうみたい。

まぁそんなもんだと思いつつも、どうしてもね。

はてなブログに怒られました。元気です。頑張ってます。

もう1ヶ月記事書いてない!って。

たしかに。そろそろ書きたいなぁと思ってたし、感情が盛り上がって途中まで書いたものの、なかなか内容が暗くて、公開するのをやめてしまったものはあるのよね。

 

最近私が目指してる試験の、合格発表があって。

私は残念ながら不合格。SNSで知り合って何回かご飯食べたコの中には何人か合格者がいたのね。

私の不合格は、絶対的な勉強時間の不足と、継続ができなかった所為だから、そこは分かってるし、不合格続きで負け犬根性染み付いてきてしまってるところもあって、今まで悔しいとか思ったりしなかったの。

悔しいと思えるほどの努力してなかったからさ。

それがさ、今回SNSの知り合いが受かったことに、すごい嫉妬したのね、わたし。

自分でビックリした笑

正直見下してたんだろうね、その子たちのこと。

だから、合格発表のときも、「受かってないといいのに」とか思っちゃってたしさ。

いやなやつだよね。

 

ここ数年ポジティブに生きようとしてきて、今はいい感じにポジティブに過ごしてるし、「人は人、わたしはわたし」って気持ちから、どこか追い詰められずふわふわしてたんだけど、お陰様で、チリつく気持ちを思い出させてもらった感じ。

その結果、(先週末にサボってしまったけど)今はコンスタントに勉強を続けられてる。

マイナスな感情が源泉ではあるけど、まぁ頑張れてるし、わたしらしくていいかなとか思ってる。

 

あとは、欲望のお誘いをいかにして先延ばししたりお断りするかだなぁ。

結構マメに飲み会とか出てたから、、、

 

しかしこの三連休、あるとしたら彼が一晩泊まりにくる予定だけだから、他の時間はしっかり勉強に当てようと思う。

彼とは会いたいけどね、、、でも結構まとまった時間とられちゃうからなぁ。。。

できれば、今回はパスでもいいかなぁ、、、なんてね。

ちゃんと気持ちも勉強に向いてるみたいで、なんだか安心してる。

あけましておめでとうございます

年末から予定が立て込んで、また実家に帰るとしっかりと携帯を操作する時間も取れないので、こんなタイミングになりました。

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いします。

 

3日まで実家にいて、4日に仕事初めを迎え、5日は午後から終電まで勉強して、6日に風邪をひいてねこみ、今日はしっかり働いてきた。

 

年末は彼の仕事の都合もあって、京都に行ってきた。

冬の京都は寒いというけど、ほんと寒かった。

あの寒波のせいもあったと思うけど。

彼が仕事で、私一人の自由時間が半日くらいあったからフラフラ嵐山の渡月橋と竹林と湯豆腐食べてきた。

渡月橋、きれいだった。しかし風が川に冷やされてほんと寒かった。ヒョウまで降ってきたし。

奮発して「竹むら」さんの湯豆腐コースで温まった。

f:id:mada_daijoubu:20190107172006j:image

f:id:mada_daijoubu:20190107172058j:imagef:id:mada_daijoubu:20190107172127j:image

f:id:mada_daijoubu:20190107172202j:image

一人でこれだけ出てくるものだから。。

目の前に私と同じお一人様が、最後の天ぷら召し上がってたから、途中でこりゃ食べきれないなと思って、白ご飯を少なめにしてもらった、、、けどやっぱり少し残してしまった(>_<)

その女性、熱燗も頼んでたみたいで、ちょっと羨ましかった。

私は予算を大幅にオーバーしてたのでガマン。

 

一人でもコース頼んでお酒も楽しんでっていい風景だなと。

私の祖母が祖父の東京出張に毎回ついて上京してたんだけど、多分こんな感じだったのかなとか思いを馳せてみたり。

新し物好きで贅沢好きの祖母は、私が上京するまでは、単身で観光に出ては、話題の食事をしてたみたい。

私が上京してからは、日程が合えば一緒に銀座に出たり、丸の内を練り歩いたり、買い物しては、定宿にしてるホテルのコースをいただいてた。

そして私はお小遣いをもらって、夜に退散する。

いい生活だった笑

祖母は健在。祖父が数年前に他界。いい時代に努力して生きた祖父のお陰で、祖母は今の私のお給料より年金が手厚い。

残されたものも多いだろう。

ぐちっぽさと特権階級意識に磨きがかかってるけど、贅沢に生きてる。昔ほどお大尽は出来てないみたいだけど、私が入れ違いになって祖母も京都に行ってたみたいだし、人生楽しんでる。

彼女の娘である私の母は、距離が近い分複雑な思いがあるみたいだけどね。

まぁ、母娘の感謝と恨みは私にもあるしね。

実家に帰ったら、そういう母のぐちを聞くのが私の仕事。ん?って思うことや、それを私に言ってはいけないのでは?と思うこともあるけど、諌めながら聞く。

私も経済的に恵まれてるけど、あなた方はもっと恵まれてるのよ、それをあなた方はあなた方の代で使い切ってしまうのよって内心思うけど。

負債を残されないだけ感謝だとも思うけどね。今の世の中ちょんちょんで使い切りで納得する人生を歩んでもらえたら、万々歳なんだろうな。子供孝行のいい親たちだなぁ、どうなるかはまだわからなけどさ。

逆を言えば、30代も半ばで東京でフラフラ結婚もせず契約社員して、あろうかとか妻子持ちと付き合ってる娘がね、何も言えんです笑

 

 

そんなこんなで、湯豆腐食べた後に彼と待ち合わせて清水さん行って、祇園で評価のよかった居酒屋さんで食事をして、ホテルに戻って各々ゲームをして私が寝落ち。

もともと同じゲームの同じチームだったから一緒だったんだけど、今はチームが違うから別々という笑

 

翌日はラーメンに1時間半くらい並んで、お土産買って、新幹線に乗って各々実家に帰った。

彼は出張スタートだったから、始終スーツだったけど、ひさびさに旅行した感じで楽しかった!

結局彼と言う人は、仕事で見る姿よりも断然面倒くさがりで保守的な人だから、こう言う機会でもないと外に出ない。

私服にしてもほんとに数えるくらいしか見たことがないから、本来の性格は多分これで間違いないかな。

私も似たようなもんだから、連れ出されすぎるよりは気が楽なのかもね。

 

 

実家では、、、流石に試験のことと結婚について言及された笑

まぁ、みんな歳を取るものね。

私、なにもなし得てないし。あろうことか妻子持ちの、、、ね笑

契約も三年満了で切れそうだし、背水の陣。四面楚歌。

いろんな、経験もしてきたし、何をしてでも生きていけると思ってるけど、履歴書ばかりは見映えのしない、というか悪い側の人間だから、次の転職はかなり難しいと思う。

人の伝手にしてもね、流石に難しそう。。。

そろそろほんとうにお尻に火がついてることを自覚しはじめた。

私も寄る年の波を目の当たりにしてきたし。

今の自分はけっこう好き。だけど、このままではいられないよね。

 

地に足がついてきた2019年の年始。

このブログも、去年の4月にはじめたからもうすぐで1年経とうとしてる。

更新頻度は高くないけど、これだけブログが続いたのも初めてかもしれない。

カテゴリーとかそんなのも作らず、気の向くままに書かせてもらってるから、続いてるのかな。

そんなブログにも、定期的に更新を確認してくれる方がいらっしゃるみたいで、嬉しいのです。

実はいくつかはてなブログの読者になってるんだけど、日常を綴ってるブログで、熱量というかスタンス?が心地いい方って一握りだったり。

最初は星をつけるのが自己主張のようでなかなか抵抗があったのだけど、自分がポツリともらうとやっぱり嬉しいのと、新しい人のことを知れる機会なんだと体感で教わってから、拝読の際に星をつけさせてもらってる。お返しいただくのも恐縮だけどやっぱり嬉しい笑

しかし、お返しを期待して、星をつけてはわけではないことをここに書き留めておきます

反対に、星をつけるのが憚られる記事もある。

そんなに、自分を傷つけないでほしいって思いながら、星なんぞ申し訳ない気持ちになって。

しかしやはり自分がもらって嬉しいものは、嬉しいものだろうな。今度はちゃんと自分の気持ちに素直になろう。

この段落は自己満足な私信だな笑

 

最近20代前半の人と勉強に関してやりとりしてる。

相手は受かっているので、その資格を持って新社会人の仲間入りをする。

不安なこととかそういうののアドバイスしてるけど、この10年前後の知識と経験の開きは大きいんだなぁって思った。

それは私自身の中でも起こっていて、この数年の変化は目覚しいものだったりするのね。

去年の私に出来なかったことが、今年の私に出来ないとは限らない。

ちゃんと地に足をつけて、勉強、生活、恋愛、仕事を頑張っていこうと思う。

全ては一つの線で繋がってるから、きっと全部うまくいく気がしてるんだ。

ラストクリスマス

クリスマスはなんら予定もないわたしです。

ふつうの平日と同様、仕事して自習室に行って、終電まで勉強してから翌日のお弁当の準備して寝るだけだと思う。

去年のクリスマスはなかなか心穏やかじゃない日々だったなと。

どこかレストランに連れて行け!と結構無理やり目に予定入れてた。

不倫というかたちが不安だったのもあったし、行事ごとはちゃんとするタイプの人と付き合ってたから、それをしないことに違和感を感じていた。

わたしが予定を押さえておかないと、奥さんと会ってしまうのではないか、関係を持ってしまうのではないかと不安になってたかな。

クリスマスディナーのときにプレゼントをわたしは用意してたのに、彼からは誕生日プレゼントもクリスマスももらえなくて、後日ケンカしてた気がする笑

 

ちやほやされないと、愛情がないと思ってたし、身体の関係だけなのかと不安になって定期的に爆発して長文メール投げたりもしてたなぁ。

まぁ不安もなくなったわけではないけど、わたしの考え方が変わって、ごちゃごちゃ言わないで、口をつぐんだり、逆にストレートに要求するようになったことで、彼も過ごしやすいのか自然に愛情表現してくれるようになった。

わたし自身、イライラしなくなったし。連絡もっとして欲しいなと思うことはあるけどね。

 

よく比喩で、北風と太陽の話で、太陽が優しさとかに置き換えられる場合があると思うけど、ギラギラ照らされたら太陽だって暴力だよななんてふと思った。

夏場なんて結構暴力的だよね。

まぁ、暴力とかいったらだめだけど、わたしがどこかで彼に優しくしてるのは、優しさで彼に重しを乗せてる意識がちょっとあるからかも。なんてね。

彼は仕事はできるし、アタマも良いし、仕事を頑張ってるのを見ているから、わたしも素直に苦労を労ってあげたいなと優しく尽くせてる。

でこんなに尽くして、良い関係を築けてる相手をバッサリ切り落とすような性格ではないとわかっている上で、それをさせないために日々彼の要望を満たしてるのかな、とか。

ゼロだとはやっぱり言い切れないよね。まぁ、そんな自分も嫌いじゃないんだけど。

 

もちろん、そんな下心だけでやってるわけじゃないけど。目標のためにコツコツと努力できる性格だったら、多分もう資格試験合格出来てるだろうしね。。。残念ながらそこまでできるタイプではないんだよね。

 

結婚という答えがあって、その間を埋める感覚でいると、なかなか先に進まないイライラや、「なんで?」「どうして?」という気持ちでいっぱいになってしまうけど、日々の積み重ねで答えが出るのだと思うと、せっかくなら楽しんだ方がいいなと。

 

なので、このクリスマスは心穏やかに過ごすのです。

 

物事を二極化して考えなくなると、複雑だけどその分生きやすくなると思う

恋愛話をひとつ。

今日、唐突に彼が出張先から私のお家にやってきた。

もちろん、事前連絡はあったけど、1時間前とか。

もともと出張なのは知ってるから、うちくるかどうか事前に話はしてたし、日曜日に帰ってくるプランだったから、時間もわからないしまぁなしだねってことで落ち着いてたんだけどね。

土曜日に帰ってくるプランの時は、私の家で一泊して日曜日の夜に帰っていくパターンが多い。

 

お家で惰眠を貪ってた私としては断る理由もないし、ここ2週間会えてなくて、今週も平日に食事デートがあるだけで一緒に過ごせる予定が取れないまま年末年始に突入しそうだったから、会えるとなるとやっぱり嬉しくて迎え入れてしまうのよ。

 

「お風呂に入りたい」って言う連絡来たから、昨日も遅くまで、というか早朝まで飲んでたやつだなと思って、お味噌汁用意して、お風呂沸かして、私自身の準備もバタバタして、駅までお迎え。

結果的にそのお味噌汁はタイミング的に飲んでもらえることなく、まだ鍋に残ってる笑

まぁよくあることだし、お味噌汁好きだから私食べるしいいんだけどね。そんな気もしてたし。

 

唐突に来たいと言われるのは、なかなか準備が大変なんだけど、彼もまぁ現実的な猶予時間を与えつつ連絡くれるから、対応はできる。

そしていままで一度も断ってないのよね。

 

出張なんだから、事前に予定分かってるんだからその時から来るって決めてよ、とかも思うんだけどね。

まぁ、出張疲れるもんね。移動もあるし、飲み会もあるし。彼の場合付き合いの良さで今のポジションがあるのも知ってるから、飲み会ばかりなのも仕方がないかなと思う。

直前まで体力と気力が読めないもんね。

私も先週近場に宿泊ありの出張行ったけど、心身ともに疲れたもん。

 

まぁ、今日もたぶんそんな感じで、事前にはどうなるかわからなかったし、出張行く前は色々億劫な気持ちも出て予定入れたくなかったんだろうけど、終わってみたら少し体力残ってたしゆっくり過ごしたいというのもあって、直前連絡でうちに来たって流れだと思われる。

 

しかしそんな時にね、うちに来たいと思ってもらえるように、意識的に彼をおもてなししてきた甲斐があったなって思う。

いやほんと、私の人生で付き合った相手におもてなしし続けたことないからね、よくやってると思う。

連絡はどんどん減ってきてるし、奥さんとの関係もどうなるかわからないし、日々の不満や不安は依然あるんだけどね。

でも、少なくとも1日一回連絡くれたり、会う約束を義務的にでも入れてくれたり、抱き合って眠って少し目が覚めかけてたぶん無意識に私を抱き直したり、そんな関係が2年近く保ててるのは悪くないと思うし、大切にしていきたいなって思うのよ。

壊すのは簡単だからね。ここまで大切に大切に育ててきたから、これからも大切に育てていきたいなと。

 

こんなに気を使う恋愛もどうなのかなと思うんだけどね。

でもお互い遊びではないという土壌の上、ケンカもたまーにしたし、お互いの性格や心地よい環境を理解しつつあって、これからも一緒にいたいという気持ちになれる、良い関係になってるから、問題はないと思うんだよね、短期的には。

私距離なし恋愛ばかりしてきたから、どうもまだひとつ自信がないのだけど。

都合の良い女になりすぎてもダメだと思うけど、彼も適度に距離を読んでくれるから、私側の負担もそんなにないし、おもてなしもムリにはしてないし、「彼の甘え」程度の範囲でとどまってると思うのよ。

 

悩みは尽きないけども、ひとまず「最後は子供作っちゃえばなんとかなるでしょ」という呪文に集約させて、心地よく今夜は眠るかな。

 

不健全なんだか、健全なんだか。

彼のことを含めて、私は私の人生を楽しんでるし、楽しもうとしてるから、これもアリかなとは思っているけどね。